と゛ういった場合に還付されるの?

と゛ういった場合に還付されるの?

下矢印 SMP 下矢印

ポイントは土地て゛す

SMP ポイントは土地て゛す

point1 相続財産に占める土地の割合か゛高い

point1相続財産に占める土地の割合か゛高い

・一般の相続財産に占める土地の割合が高い。

point2 土地の評価か゛非常に複雑

point2土地の評価か゛非常に複雑

・土地は同じものが一つとしてなく、個別性が高い。

・「路線価×面積」で単純に算出できるものではなく、その個別性を反映させた評価ができる。

point3 土地の評価に精通している税理士か゛少ない

point3土地の評価に精通している税理士か゛少ない

・相続税の申告件数は非常に少なく、一般の税理士は財産評価の経験が乏しい。

・一般の税理士が申告した場合、個別性を反映した土地の評価が不十分なケースが多い。

グラフ 一般の税理士の財産評価の経験 SMP グラフ 一般の税理士の財産評価の経験

相続税は戻ってきます

SMP 相続税は戻ってきます

・相続税の申告期限は相続開始日から10ヶ月

・申告期限から5年以内の場合は税務署は内容変更を認めてくれる

グラフ2 内容変更を認めてくれます SMP グラフ2 内容変更を認めてくれます

相続税の還付を受ける場合デメリットはないの?

相続税の還付を受ける場合 デメリットはないの?

下矢印 SMP 下矢印

デメリットはありません!

SMP デメリットはありません!

相続税の還付の手続きは、法律※に基づいた納税者の権利のため、税務署は極めて事務的に、かつ更生に手続きを進めてくれます。 顧問税理士など、当初申告した税理士にもばれずに申告することが可能です!

※ 国税通則法23条「納税申告書を提出した者は、国税の法定申告期限から5年以内に限り税務署長に対し、その申告に係る課税標準等又は税額につき更生すべき旨の請求をすることができる

お問い合わせ先
pcfooter footer